イソフラボン情報局

イソフラボン情報局では人気製品の効果を自腹検証します!副作用などもチェック

メイン
画像
健康・美肌・更年期に!
キッコーマン基本のサプリ
初回は20%OFFで購入可能!
画像
ダイエットに!
ダイエットシェイク
初回は20%OFF!全額返金保証付き
画像
バストアップに!
ハイスピードプエラリア100
初回は50%OFF!全額返金保証付き
画像

イソフラボンは、ミス摂取で逆効果もあり!

大豆のイソフラボンが大変注目を集めています。
大豆の胚軸という部分に含まれているフェノール類のことで、大豆の苦味やえぐみの元になっています。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをして、植物エストロゲンと呼ばれています。
加齢によるイソフラボンの減少を補ってくれる成分です。

イソフラボンを適正に摂取することで、更年期のホルモンバランスの乱れが原因の諸症状を緩和するのに、効果があると言われています。
主なものとして、更年期障害の緩和、骨粗しょう症の予防、動脈硬化の予防などがあり、また、日本人の国民病であるがんの予防にも役立つと考えられています。
女性ホルモンの代役ですが、女性だけでなく、男女ともにお役立ちの成分なのです。

しかし、ここに落とし穴があります。
いい成分だからといって、過剰に摂取すると逆効果になってしまうのです。
特に食品以外、イソフラボンサプリメントの過剰摂取に注意喚起が出ています。
食品の場合は、全てが吸収されるわけではないのですが、サプリの場合は全てが吸収されてしまうからです。
そこで食品安全委員会が「イソフラボンは食事以外では30mgを上限とする」と発表したのです。

食事に上乗せしてサプリメントを摂取する場合に30mgにしましょうというものです。
食品の場合は、全てが吸収されるわけではないのですが、サプリの場合は全てが吸収されてしまうからです。
イソフラボン過剰摂取の副作用として、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり生理痛や乳がんのリスクを高めてしまうと考えられます。
また閉経前の女性の場合、月経周期が崩れる、子宮内膜症のリスクが高まるという副作用が挙げられいます。

また、女性ばかりでなく男性の場合も同じく注意が必要です。
イソフラボンの過剰摂取で、精子の濃度が低くなるという調査結果があるからです。
あくまでも、摂取基準を守って、摂取するようにしましょう。
また、妊婦、妊娠しそうな人、乳幼児にはイソフラボンのサプリメントの摂取はすすめられていません。
ただし食品からの摂取は、常識的な範囲であれば、自由に摂ってもかまいません。

メインのメニュー

基本のイソフラボン

画像
第一位
キッコーマン
基本のサプリ
画像
第二位
イソラコン
画像
第三位
大豆イソフラボン
+亜麻リグナン

ダイエットのイソフラボン

画像
大人気
ダイエットシェイク
全額返金保証付き

バストアップのイソフラボン

画像
第一位
ハイスピードプエラリア100(全額返金保証付)
画像
第二位
レディーズプエラリア99%
画像
第三位
ベルタプエラリア