イソフラボン情報局

イソフラボン情報局では人気製品の効果を自腹検証します!副作用などもチェック

メイン
画像
健康・美肌・更年期に!
キッコーマン基本のサプリ
初回は20%OFFで購入可能!
画像
ダイエットに!
ダイエットシェイク
初回は20%OFF!全額返金保証付き
画像
バストアップに!
ハイスピードプエラリア100
初回は50%OFF!全額返金保証付き
画像

イソフラボンの上乗せ摂取に注意する!過剰摂取厳禁

最近よく聞かれるにようになった「フィトケミカル」という言葉をご存知ですか?
植物の中に存在する天然の化学物質をフィトケミカルといいます。
第七の栄養素とも言われ身体に良い影響を与える食分成分のことです。
その抗酸化作用によって注目されています。

大豆の胚芽に含まれエグみの成分、イソフラボンは体内に入ると、女性ホルモンの一つエストロゲンに似た作用をすることが知られています。
更年期障害の辛さを緩和する、骨粗しょう症の予防に効果がある、動脈硬化の予防に効くということで注目されてきました。
また美容面でも、美肌、美白、ニキビに効く、無駄毛の脱毛にも効果があると言われています。
女性だけではなく、薄毛にイソフラボンが効果的という声があり、育毛効果を期待して、サプリメントを摂取する男性も増えています。
人気のイソフラボンサプリメントはこちらに載っていますのでご覧ください。

このように、さまざまな効果を期待して、イソフラボンを過剰摂取する人が増えてきました。
食品安全委員会は、日常の食事に上乗せしてサプリを摂る場合のリスクを検討し、イソフラボン安全性評価が決まりました。
まず、妊婦、妊娠する可能性のある人、乳幼児、小児には、サプリメントを摂取することを推奨しないということです。
これは、妊婦自身、胎児、乳幼児、小児についてのデータがなかったために、動物実験の結果を元に、健康に対する影響の可能性を考慮したというものです。

普通の日本人の食生活には、大豆製品が入っていることが多いので、その上に、サプリメント等で摂り過ぎると危険であるという評価のようです。
実際に閉経前の女性がイソフラボンを過剰に摂取すると、生理の周期が不順になる症例が見られるのです。
もともと十分なエストロゲンの状態のところに、擬似エストロゲンのイソフラボンが入ってきたことによる、リスクです。
また、乳がん、子宮がんなどの女性特有のがんのリスクが高まるという調査もあるそうです。
そこで、食事での上限は70~75mgくらいとし、食事以外に上乗せの量を一日30mgという評価が出たということなのです。

メインのメニュー

基本のイソフラボン

画像
第一位
キッコーマン
基本のサプリ
画像
第二位
イソラコン
画像
第三位
大豆イソフラボン
+亜麻リグナン

ダイエットのイソフラボン

画像
大人気
ダイエットシェイク
全額返金保証付き

バストアップのイソフラボン

画像
第一位
ハイスピードプエラリア100(全額返金保証付)
画像
第二位
レディーズプエラリア99%
画像
第三位
ベルタプエラリア