イソフラボン情報局

イソフラボン情報局では人気製品の効果を自腹検証します!副作用などもチェック

メイン
画像
健康・美肌・更年期に!
キッコーマン基本のサプリ
初回は20%OFFで購入可能!
画像
ダイエットに!
ダイエットシェイク
初回は20%OFF!全額返金保証付き
画像
バストアップに!
ハイスピードプエラリア100
初回は50%OFF!全額返金保証付き
画像

イソフラボンでダイエット成功するには?

イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをすることから、女性ホルモンの減少や過剰な分泌による身体の不調、疾患を予防する効果があると、注目されています。
イソフラボンは、植物ポリフェノールの一種で、抗酸化作用に富んでいる上に動脈硬化予防、がん予防はもちろん、更年期障害の緩和、骨粗しょう症の予防などに、効果的な働きをしてくれる成分です。
日本人にとっては、あまりにも身近な存在なので、かえって大豆のイソフラボンの凄さに気づかなかったといえます。

もともとイソフラボンの作用にきづいたのは欧米が先でした。
日本人と欧米での骨粗しょう症の差、また前立腺がん、乳がんの死亡率の違いがあまりにも顕著にあらわれていたのです。
また、更年期障害における、ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)の割合も日本人の方が少なかったという結果がでました。
調べていくと、日本人でも大都市圏に住む人の乳がんリスクは、高くなっています。
これは、欧米的な食生活に関係するのではないかと考えられます。
そして、それはイソフラボンの摂取量が関係するという結果が出たのです。
イソフラボンの摂取量は、日本人は欧米の白人の700倍という驚くべき数字が出ました。

がん以外でも、イソフラボンは悪玉コレステロールを抑える、動脈硬化のリスクを予防する、善玉コレステロールを増やすなど、欧米の悩める生活習慣病を解決するきっかけになりました。
これらの研究を受けて、アメリカの食品医薬品局(FDA)が、心臓病の対策として大豆タンパクを配合した食品に、健康表示を認可するようになりました。
アメリカは、特定の疾患だけでなく、ダイエットにもよいと目をつけました。
ダイエットは日本でも盛んですが、アメリカの肥満度は日本の肥満度を軽く凌駕しています。

BMI値が30以上の肥満者は、日本では3%に対し、アメリカは30%を越えます。
日本食はダイエットにいいと注目されていますが、その中でも大豆のパワー、イソフラボンの素晴らしさが広まってきたのです。
イソフラボンを摂取したからといって、体重がすぐ落ちるわけではありません。
しかしイソフラボンを含んだ大豆製品は、皆低カロリー。

豆乳は低脂肪牛乳のカロリーで、その他、嬉しい効果も期待できるのです。
空腹時は、一杯の豆乳を飲むことで、空腹感が収まります。
また、ダイエットをすることで、肌がかさつき、ホルモンバランスが崩れることは、よくあるのですが、このイソフラボンを取り入れたダイエットなら、その心配はありません。
身体の調子をよくしながらのダイエットで、気長に取り組みましょう。
こちらのサイトに イソフラボンの効果や期待できる効能、また1日の摂取量と過剰摂取によって引き起こされる副作用についてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

メインのメニュー

基本のイソフラボン

画像
第一位
キッコーマン
基本のサプリ
画像
第二位
イソラコン
画像
第三位
大豆イソフラボン
+亜麻リグナン

ダイエットのイソフラボン

画像
大人気
ダイエットシェイク
全額返金保証付き

バストアップのイソフラボン

画像
第一位
ハイスピードプエラリア100(全額返金保証付)
画像
第二位
レディーズプエラリア99%
画像
第三位
ベルタプエラリア